menu

渋川マリン水族館~岡山の海スポット~

海をテーマに昭和28年に開館した歴史ある博物館で水族館と陳列館からなる「渋川マリン水族館」。

海をテーマに昭和28年に開館した歴史ある博物館で水族館と陳列館からなる「渋川マリン水族館」。
大小34個の水槽に瀬戸内海の種を中心とした日本各地の海洋生物を約180種2000点を飼育展示しています。

族館では、瀬戸内海に春を告げる魚イカナゴやままかりの名でおなじみの標準和名サッパなど、瀬戸内海を代表する魚を展示しており、これらの魚種の展示は全国でも珍しいとされています。
また、陳列館は3つの展示室からなり、貝類標本約1000点のほか船舶模型・魚類剥製等多数展示。
貝類標本の展示では希少な種も数多くあり、標本数は少ないものの見応えのあるものとなっています。
屋外にはウミガメなどの海獣類や海洋機器等の実物を展示しています。
中でも昭和28年昭和天皇・皇后両陛下の御行幸の祭に記念して建てられた実物そのままの灯台模型は、御幸灯台という名で当館のシンボルとなっています。

渋川マリン水族館~岡山の海スポット~

【所在地】
玉野市渋川2丁目6?1
【アクセス】
JR宇野線宇野駅/渋川3丁目きバス30分/渋川下車徒歩3分
JR岡山駅/特急バス80分/瀬戸内国際マリンホテル前下車すぐ
瀬戸中央自動車道児島IC/車20分

PAGE TOP