menu

#1 笠岡市立カブトガニ博物館館長 惣路紀通さんインタビュー

「海は次の世代へ残すべき貴重な財産」そう語ってくれたのは笠岡市立 カブトガニ博物館の館長を務める 惣路紀通さん。
長年にわたりカブトガニの保護活動に力を注いできました。
かつて笠岡市にはたくさんのカブトガニが住んでいました。
しかし大規模な干拓により大幅に減少し、絶滅の危機を迎えます。
水質の改善や、人工増殖といった地道な取り組みによってようやく回復の兆しを見せ始めている笠岡市のカブトガニ。
一度失ってしまった自然環境の再生には多大な労力と時間が必要だということを改めて考えさせられます。

PAGE TOP