menu

8月24日(水)放送 海と森をつなぐ植樹のつどい 新見市 大佐山

岡山県では漁業関係者と行政が一体となって平成16年から森づくりを行っています。
森と海には密接なつながりがあり、カキや海苔などの成長には森の土に含まれる養分が欠かせないのです。
森の養分は雨で溶け出し川から海に流れ込みます。
近年、森からの養分が減少しており魚介類に様々な問題が発生しています。
森づくりには豊かな海を未来に残したいという漁業関係者の思いが込められていました。

↓放送内容はこちら↓

活動の様子

   

PAGE TOP