しおまち唐琴通りをのんびりお散歩♪

2018-5-31
海と日本PROJECT in 岡山

瀬戸内市牛窓町関町から東町にかけての古い町並み

「しおまち唐琴通り」をぶらり歩いてみました。

江戸時代から昭和30年頃の面影を残した白壁の蔵

や格子戸、古い郵便局や銀行などの建造物、遺跡など

をたどりながら、当時の港町に思いを馳せてみては?

古い港町はレトロな香り

古くから牛窓は、「風待ち、潮待ちの港」といって、

船の安全のために、いい潮や風を待つ港町だったそう。

 

港町としてにぎわっていた頃の

白壁の蔵や格子戸の古い町並みが残り、

懐かしい風情があります。

 

牛窓フェリー乗り場から牛窓海水浴場への通りには、

赤い鳥居の並ぶ最一稲荷や、

大正4年に牛窓銀行本店として建てられ、

現在は「街角ミュゼ 牛窓文化館」として活用されて

いるレトロな建物もあります。

潮風に吹かれて本町から東町へ

しばらく歩くと、江戸時代に岡山藩の施設が並んでいた

本町地区を通ります。

このあたりは、今も漁師さんが多く住んでいるそうです。

 

海を眺めるように建つ高い塔は、17世紀後半に

建てられ、昭和63年に再建された燈篭堂です。

かつては沖を航行する船の安全を見守っていた、

灯台のような役目を果たしていたのですね。

 

のんびり歩くこと約15分。

牛窓海水浴場には、浜辺で水遊びを楽しむ家族や、

釣り人たちもたくさん見られましたよ♪

レポーター紹介

瀬戸まだこ
「海と日本プロジェクトin岡山」広報スタッフの🐙瀬戸まだこです♪
海辺のすてきなスポットや活動、イベントなどを
ご紹介していきますのでお楽しみに! 

関連リンク

ページ上部へ戻る