海岸線爽快ドライブ -その1 沙美~寄島編-

2018-5-25
海と日本PROJECT in 岡山

ドライブ大好きな私のおすすめルートは、倉敷市玉島阿賀崎~笠岡市一番町を結ぶ

県道47号線の風光明媚なシーサイドコース。

第1回目は、沙美海岸から浅口市三ツ山スポーツ公園

までのドライブをレポートしましたよ♪

沙美海水浴場からスタート!

夏はたくさんの海水浴客が訪れる沙美海水浴場は、

「日本の渚百選」に選ばれた弓なりの美しい海岸です。

1989年(平成元年)に人工海浜として整備された西浜のパーキングから、

県道47号線を西へGO!!

 

両脇に木々が茂る海沿いの坂道を5分ほど走ると、

左手に岩谷展望台があります。

木組みの展望台に上ると、天気がよければ西に笠岡諸島、

東には遠く瀬戸大橋も眺められますよ♪

創業122年の老舗みりん工場を訪問

帆崎を過ぎ、寄島漁港も近い玉島黒崎南浦地区に差しかかると、

高い煙突が見えてきます。

ここは、1896年(明治29年)創業の

老舗みりん会社「藤澤藤左衛門商店」の工場兼店舗。

今も創業当時からの製法で手造りを続けています。

 

かつてはすぐ蔵の前まで北前船が乗り付けていたという海辺の工場で、

約3年をかけて仕込まれるこのみりん。

材料にこだわり、醸造用アルコールや砂糖を使わず、

県産米100%のモチ米と米麹、米焼酎で造るそうです。

「飲んでもおいしい!」「とてもまろやかで上品なうま味がある」と評判の、

「伝統手造り本みりん」(1121円、720ml)と、みりん粕(250円)を私も購入しました♪

さっそく煮物や魚料理に使ってみよう~!

一路、寄島園地へ!

再び坂道を走って内海展望台に立ち寄ると、

寄島漁港沖にきれいに並んだ牡蠣いかだが見えます。

牡蠣のシーズンが待ち遠しい(^-^)

穏やかな海面がキラキラ光って、きれいですね~☆

さらに、寄島漁港を左手に見ながら走り、終点の浅口市三ツ山スポーツ公園へ。

ここは、子どもたちの遊具広場やサッカーグラウンド、

フットサル場があって、のんびり楽しむ市民の憩いの場です。

 

次回は、公園のさらに南にある寄島園地から、

笠岡方面への海岸線ドライブをレポします。

お楽しみに!

レポーター紹介

瀬戸まだこ
「海と日本プロジェクトin岡山」広報スタッフの🐙瀬戸まだこです♪
海辺のすてきなスポットや活動、イベントなどを
ご紹介していきますのでお楽しみに! 

関連リンク

ページ上部へ戻る