絶滅危惧種になったカブトガニ

2017-9-11
海と日本PROJECT in 岡山

生きた化石と呼ばれるカブトガニは、約2億年前から地球上に存在している生き物です。

笠岡市は全国有数の繁殖地として知られていますよね!

でも、なぜ2億年も姿を変えずに存在しているのか分かります?

それは進化する必要がなかったからです。

干潟で暮らすのに特化した生き物として完璧だったんですね。

このパーフェクトな生き物が絶滅危惧種となったのは、私たち人間の仕業です。

生き物としての大先輩にもっと敬意を払う必要がありますね!

イベント名海と日本プロジェクト in 岡山 小ネタ

レポーター紹介

瀬戸まだこ
「海と日本プロジェクトin岡山」広報スタッフの瀬戸まだこです!
岡山の海に関するイベント情報やレポートを発信していきます♪
  • +1
  • 「絶滅危惧種になったカブトガニ」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://okayama.uminohi.jp/widget/article/?p=758" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://okayama.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 岡山</a></iframe><script src="https://okayama.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

ページ上部へ戻る
海と日本PROJECT in 岡山
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://okayama.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://okayama.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 岡山</a></iframe><script src="https://okayama.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>